NITE記事(2020年6月4日)について

各メディアが2020/4/29にNITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)が発表した件について、実際の発表内容と異なる報道を繰り返し行ったため、さまざまな混乱を生じておりましたが、2020/6/4、NITEが新たな発表を行いましたのでお知らせいたします。

特にお伝えしたいポイントとしては、以下の2点です。

●「次亜塩素酸水」は新型コロナへの有効性は期待できるが、検証試験を行っている途中なので、その有効性を正式に発表することはできないということ。

●「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるようにNITEが公表したとの報道が一部にあるが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はない

NITEのホームページにて正式な資料が確認できますので、ご確認ください。https://www.nite.go.jp/information/osirasefaq20200430.html

<以下一部抜粋>

Q:「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか?
A:「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところです。塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。
今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが※、2020年5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。

※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。

Q:「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行ってもよいのですか?
A:
今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。