NITE最終報告について

 

次亜塩素酸水の有効性のNITE最終報告がありました。

発表日:令和2年6月26日(金)

発表者名:独立行政法人製品評価技術基盤機構 消毒手法タスクフォース
資料の概要:NITE(ナイト)[独立行政法人 製品評価技術基盤機構 理事長:辰巳 敬]は、第5回「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」を6月25日に開催し、新型コロナウイルスを用いた候補物資の有効性評価結果の最終報告をとりまとめました。

今発表により一定の濃度以上の次亜塩素酸水が、新型コロナウイルスの消毒に対して有効であることが確認されました。

(2)次亜塩素酸水は、以下のものを有効と判断しました。
・次亜塩素酸水(電解型/非電解型)は有効塩素濃度35ppm以上
・ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは有効塩素濃度100ppm以上

なお、今回の検証結果を踏まえると、
次亜塩素酸水の利用にあたっては以下の注意が必要であることが確認されました。
①汚れ(有機物:手垢、油脂等)をあらかじめ除去すること
②対象物に対して十分な量を使用すること

空間噴霧に関しましてNITEの見解は

Q:「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行ってもよいのですか?
A:「今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっておりません。 「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。 「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、ご判断をいただければと存じます」とユーザー様の判断でご使用するかを決めてくださいとの内容が記載されております。

今回経済産業省が委託したNITEでは、空間噴霧についての検証はしておりませんが、厚生労働省、経済産業省、消費者庁の連名で発表されましたものにつきましては『まわりに人がいる中での空間噴霧はおすすめしない』などという発表もされております。

このような発表がされてしまった以上、安全性のデータを持っていたとしても、無人空間での噴霧を推奨せざる得ない状況となっております。
しかし弊社としましては今後も引き続きイレイザー・ミスト水の有効性や安全性を追求し、このようなウイルスから少しでも、皆様に”安心”をお届けできるよう今後も精進して参ります。

有効性や安全性につきましては下記URLでも分かりやすく説明しております。

次亜塩素酸水溶液普及促進会議
https://jia-jp.net/assets/img/press/200610_jia.pdf

生体防御機能を応用した次亜塩素酸水溶液の殺菌システム(東京ヘッドライン)
https://news.yahoo.co.jp/articles/986c88e5a335223b5fde7413e3436461f06486e7

2020年8月1日