ケフィアヨーグルト

手づくりだけが生み出せる「おいしい健康」習慣

新鮮なおいしさ ~活きた乳酸菌と酵母&出来立ての味わい~

野菜やフルーツのように、ヨーグルトも新鮮なものを選びたい。

ヨーグルトは今や健康維持のために気軽に毎日取り入れることができる食品の代表格。
その中でもケフィアヨーグルトは、健康志向の強い方々、そしておいしさにも妥協しない方々から注目を集めています。その理由は、数種の乳酸菌に加え、酵母が含まれているから。
スーパーやコンビニなど店頭での販売が難しいケフィアは、ご家庭での手づくりでしか味わえません。
ケフィアヨーグルトは、ご家庭での手づくりならではの元気な菌、新鮮なおいしさ、毎日習慣にふさわしい安心感で、皆さまの健康づくりを応援します。

ケフィアって何?

ケフィアとは、コーカサス地方で2000年以上も前から飲まれ続けてきた発酵乳。コーカサス地方は世界有数の長寿地域ですが、人々の健康に大きく関わっているのがケフィアであると言われています。このケフィアの健康効果、そして何よりもすばらしいおいしさに注目が集まり、日本でも紹介されるようになりました。

ケフィアヨーグルトはコーカサス生まれ

ケフィアヨーグルトは、長寿地域として世界的に有名なコーカサス地域で生まれました。 太古から山岳民族が山羊や牛の乳を山羊の皮袋に入れて自然発酵させ、取り出した分だけ乳を足して連続発酵させたもので、永年にわたり人々の健康を支えて来ました。

普通のヨーグルトとは何が違うの?

ケフィアヨーグルトも、一般に市販されているヨーグルトも、ともに同じ発酵乳ですが、違う点もあります。 一般のヨーグルトが乳酸菌やビフィズス菌のみで発酵させるのに対し、ケフィアヨーグルトは乳酸菌やビフィズス菌に加えて酵母も含まれています。

酵母が加わることで…
一般のヨーグルトと比較して酵母を含むことで腸内菌が増えやすく、味もまろやかになります。

ケフィアヨーグルトの特徴

ケフィアヨーグルトの最大の特徴は、乳酸菌と酵母による複合発酵であるということです。【下画像参照】(一般のヨーグルトの多くは、乳酸菌のみで発酵させています)。 酵母によって、微量のアルコールが生まれて爽やかな風味となり、とても食べやすい味わいとなっています。
また、発酵温度は25℃と低いので、ゆっくりと熟成発酵させて作られます。(一般のヨーグルトの多くは、発酵温度が40℃前後と言われています)。 このこともケフィアヨーグルトの風味をより一層魅力的なものにしています。

どんな牛乳を使えばいいの?

ケフィアヨーグルトは、使用する牛乳を選ぶことで、お好みのおいしさに出会えます。
さっぱりとした味わいがお好みの方は脂肪分の低いもの、濃厚な味わいがお好みの方は脂肪分の高いものをお選びいただくとよいと思います。また、カルシウム強化牛乳等の乳飲料はケフィアヨーグルトを作ると分離してしまうことが多いため向きません。豆乳でつくるケフィアヨーグルトは豆乳によってかなり味のばらつきがあり好き嫌いがあると思います。

●成分無調整牛乳

口当たりがごくなめらかで、サラッと広がる快い食感です。味わいはまろやかで、脂肪分が高いものほど、濃厚な味わいになる傾向があります。

●低脂肪牛乳

やや乳清が多く生じますが、出来上がりに問題はありません。フレッシュな酸味が特徴で、あっさりと清々しい口当たりです。

●低温殺菌牛乳

ややぬるめに出来上がります。商品によっては固まりづらいものもあります。酸味や牛乳の風味は際立って良く、程度なコクがあり、優しい味わいに仕上がります。

●森永北海道3.6牛乳

しっかり固まります。くっきりとした酸味があり、同時に濃厚なミルキー感が強いので、食べ応えがあります。

●無脂肪牛乳

低脂肪牛乳よりも、さらにあっさりとした味わいになります。乳清を多く生じます。さらっとした口溶けで、フルーツのような爽やかさです。

●乳飲料

ケフィアヨーグルトを作るとほとんどの場合分離します。見た目は普通の牛乳に見えるものもあるので注意が必要です。