次亜塩素酸水の保存について

次亜塩素酸水の失活について

次亜塩素酸水の失活とは、塩素濃度が下がってしまい、除菌能力が弱くなるもしくは無くなってしまうこと、
簡単に言うと、次亜塩素酸が減ってくるということです。

失活条件

温 度 温度が高いほうが失活スピードは速くなりますが、35℃を超えると一気に失活が加速します。
近年は日陰でも35℃を超えることがあります。
また、異常に熱くなった外気が当たることでも温度が上がります。
紫外線 一番の大敵は紫外線です。
他社調べでは、透明ボトルの場合、400ppmが5時間でほぼ失活します。
時 間 失活は次亜塩素酸水の宿命だと考えるしかありません。
消費期限は、冷暗所保管で6ヶ月です。
有機物との接触 次亜塩素酸水は有機物と接触すると、失活し、水になってしまいます。
あらかじめ汚れ(有機物)は洗い落としてから次亜塩素酸水を使用することで、はじめて除菌効果が得られます。

失活対策

保管場所 冷暗場所で、気温が高くならず陽が絶対に当たらない場所で保管してください。
買いだめは× 消費期限内で使い切れる量を購入するようにしましょう。